後縦靱帯骨化症は治すことができます【治療方法を知りましょう】

原因不明の脊髄の病気とは

先生と患者

後縦靱帯骨化症は脊椎の骨と骨をつないでいる後縦靱帯と呼ばれる組織が骨のように固く、厚くなって脊髄を圧迫する病気です。具体的な症状としては首や手足のしびれ、運動障害などがあります。重症の場合は外科手術が必要となります。

Read More...

定期的な診察が必要

カウンセリング

背骨の椎骨の後ろ側にある後縦靱帯がだんだん骨と化していく病気が後縦靱帯骨化症です。初期のうちは保存療法で治療しますが、症状が進行した場合には手術も行います。後縦靱帯骨化症と診断されたら、定期的に医師のチェックを受けることが重要です。

Read More...

治療方法を知る

頭

原因、病態と難病指定

後縦靱帯骨化症(OPLL)は、主に頸椎の病気です。背骨の中には脊髄という脳から続く太い神経が走っており、脳と体の間の連絡のほとんどを司っています。つまり背骨の中には脊髄の走るトンネルがあり、その前面でトンネルの内側から背骨を縦につないでいるのが後縦靭帯です。後縦靱帯骨化症は、食事の内容や糖尿病など種々の原因により靭帯の内部にカルシウムが沈着し、骨と同様に硬くなってしまう病気です。硬くなるだけなら良いのですが、多くの場合厚くなり、次第に後方を走る脊髄を圧迫していきます。脊髄や、そこから出ている神経は脳と体をつないでいるわけですから、それらの圧迫によって手が痺れる、手が使いづらいなどの症状が出ます。基本的には根本的な原因やその解決法はないとされており、多くの自治体で難病指定となっているため、診断書が作成されて自治体に認められれば医療費の補助が受けられます。

症状と治療

後縦靱帯骨化症の症状としては、上記の様に手が痺れる、使いづらくなるといった事が多いのですが、腕の骨が痛いように感じたり、握力が落ちてくるなど、範囲やその程度は様々です。診断は単純レントゲンでも可能ですが、実際に神経を圧迫しているかどうかはMRIを撮影しないと分かりません。ここで最も注意するべきは、かかる病院の選択です。日本では整形外科と脳神経外科が背骨の治療を行っていますが、整形外科医でも、脳神経外科医でも、精通している人は多くはいません。そのため医師の専門分野に注意して選ぶようにしましょう。それから、治療はまず保存的な治療からです。普段重いものを持たない、車の運転を控える、仕事をする姿勢を変える、ネックカラーをする、などから始まります。後縦靱帯骨化症自体を治すわけではありませんが、症状の軽減が期待できます。保存的療法で効かない場合には、薬や手術が考慮されます。

早期発見が大切です

先生

後縦靱帯骨化症とは、頸椎の中を縦方向に走っている靭帯が骨のように硬くなってしまい、それが神経を圧迫することで起こる神経障害のことを言います。首や肩甲骨周り・指先のしびれが主な初期症状です。少しでも気になる症状がある場合はすぐに医師に相談をすることが早期発見のためにも大切です。

Read More...